Sponsored Link


電通は8月10日、脳科学者の茂木健一郎氏をはじめとする10名の研究者とともに、Webサイト「エンタメ脳ラボ」を8月22日付けで開設すると発表した。

エンタメ脳ラボでは、脳科学者ならではの知見を武器に、日常空間に眠るエンターテインメントを発掘・再発見し、情報発信していく。また、ラボでの価値研究を通して新たなプロモーション施策やコミュニケーション施策を創造し、企業や自治体に提案する。

発掘段階では、ラボ独自の手法でエンターテインメント性の要素や魅力の評価・分析を行う。情報発信では、発掘したエンターテインメントをわかりやすい形に言語化・キーワード化し、映像コンテンツやレポートとして、ラボやソーシャルメディア、出版などで世の中に発信していく。

今回のラボ開設の背景には、生活者の消費行動の成熟がある。質と絆を重視したソーシャル消費が活発となり、企業の商品・サービスがソーシャルメディア上で評価されるようになったことから、商品・サービスに共通の話題として取り上げられるエンターテインメント性が必要なことが、ラボ開設につながったという。

この記事の筆者

Web担当者Forum編集部 池田真也

 

家電量販店の法人通販から、Web担当者Forumの前身である『インターネットマガジン』(2006年5月号で休刊)の編集部へ。休刊までの半年ほど雑誌編集を経験し、Web坦の立ち上げを機にネットマーケティングにかかわりはじめ現在へ。編集兼Web担当者。

企業のWeb活用が当たり前になったとはいえ、ビジネスの歴史からすればまだ10数年ほど。それを支えるWeb担当者の仕事がもっと世の中に広まり、ユーザーともどもよりハッピーになれれば、と考えつつ日々勉強中。

from Web担当者Forum http://ift.tt/2bmlXZv
via IFTTT

Sponsored Link