Sponsored Link


Web広告企画制作のVogaroは、インターネット広告のサイバーエージェントとともに、コンテンツマーケティングに特化したCMS(コンテンツマネジメントシステム)「CMMS(シームズ)」の提供を始めた、と8月17日発表した。企業やブランドが自ら所有して情報を発信するオウンドメディアの価値の最大化を目的にする。戦略的なコンテンツをユーザーに届けることに加え、SNSとの連携や記事ごとの分析も可能になる。

オウンドメディアで継続的にコンテンツを配信して自社やブランドのファンを増やすことが重要視されていることから、各種のメディアを運営するサイバーエージェントと、オウンドメディア分野で1000社以上の実績があるVogaroが共同開発した。手間がかかる記事の更新や編集作業の負荷を軽減する。動画コンテンツの管理や拡張に必要な機能やAI(人工知能)によるレコメンド表示などのアップデートも進めている。

from Web担当者Forum http://ift.tt/2b3rTD4
via IFTTT

Sponsored Link